2011年10月30日

己に言い聞かせる。






人は欲深い生き物だ。





また、





その欲望をいかにコントロールできるかで人間の価値が決まるのであれば。






彼らはどうだろうか?






例@
家具担当 吉崎 加藤 スタッフ





コレを見ていただきたい。

DSCI0083.JPG


ベッドコーナー綺麗に整備されています。
(お客様が見やすいようにベッドコーナーを大移動したらしい。)





総括
 一見、「レイアウトをただ変更したい」という自己の欲望の顛末とも見えるが目線を変えてみると「お客様に心地よく選んでいただくため」とも取れる。また、しかし、商売上手な打算も見え隠れする。この欲望は「善」なのか「悪」なのか?






私にはわからない。





どちらにしろ、ベッドをお探しの際は是非ご来店を。







次はこの男だ。




例A
ご存知、黒木スタッフ






まずはこの2枚の写真をごらん頂きたい。


DSCI0054.JPG


↓2時間後


DSCI0085.JPG


ギターコーナー増設。




総括
 当初は「隣のマツキヨにのぞき穴を作っている欲望の塊」「ゲス野郎」と思っていたが、ギターコーナーを増設し、お客様に心地よく選んでいただこうという純粋な思いかららしい。しかし、写真を撮りに来た利根川に対する「あなた暇でいいですね」的な態度はやはり「欲望の塊」ではないだろうか?つまりこの欲望が「善」なのか「悪」なのか






利根川にはわからない。





ギター販売・買取地域NO1を目指しております。








結果。





人の欲深さは他人には理解できない。





では自身はどうか?





利根川自身は聖人であれるか?





実験の一品を発見




コレ

DSCI0086.JPG

鹿児島県垂水市に降る「桜島の灰」が詰まっている缶詰。





。。。。





開けたら後悔する。




だって結局「灰」だもの。





開けるな。




開けるな。






でも開けたい。





己に言い聞かせる。





店舗にこの商品なければ利根川が欲深い男であったと結論下さい。
(しばらくカウンター前に展示しています)






おわり。








posted by 愛品館 稲毛店 at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。