2012年08月31日

夏の終わりに


8月最終日。

皆が夏の終わりを感じ、今年の残りをよぎらす日。

コレをリサイクル業界では【逆晦日】と言います。






言わない。









石原です。






皆様、今年の夏は如何でしたでしょうか。


お祭りや、花火や、キャンプや、海に行っただろうか。


恋したり、別れたり、婚約したり、離婚したりしただろうか。


万引きして捕まったり、買ったばっかの自転車盗まれたり、炎天下に車故障したりしただろうか。










いいのいいの。




それも夏の思い出でしょう。




とか言っとけばいいんでしょう。













私は、

何も。

何もなかった。










毎日汗かいてただけだった。




それもいつか良い思い出になるだろうか。








空白のひと夏。

稲毛のひと夏。














さ、本日もはじめましょう。






画像 052.jpg

NITTOROYAL RC 小花ティーカップ&ソーサーセット

Nittoroyalとは、日本陶器k.k.ノリタケの1950年代のブランド名です。


技術と設備が戦争の影響から完全に抜け切れておらず、世界のノリタケブランドに傷がつくことを恐れ【ニットウロイヤル】というブランドで、しばらく製品を販売していました。


なかなか古い物です。




バックプリントはこんな感じ↓

画像 053.jpg







オールドノリタケ等も引き続き買取募集中!









楽天人気ランキング一位のコレも入荷しております。

画像 057.jpg

ウェッジウッド(Wedgwood) ワイルドストロベリー
ティーカップ&ソーサー(ピオニー)


ビクトリア調の愛らしいワイルドストロベリーシリーズは、日本でも大人気。現在のものが発売されたのは1965年ですが、そのデザインの原画は19世紀初頭からあったというロングセラー商品。

ウェッジウッドには数少ない総柄で、その名の通り、野いちごの実と花と葉があふれそうに描かれています。






ひたすら良く入荷するのであまり気にも留めていなかったが、




よく見るとヤッパリすてき。








コチラも引き続き募集中にて。















リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

リサラーソンも相変わらず買取大募集中!







愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub
















さ、


明日からどうするか。

来月は何を買取募集しまくろうか。







それよりも、

町内のゴミ捨て場の回収が早すぎていつも捨てられない件。

日の出〜八時て。





イライラしちゃう。





いしはら






posted by 愛品館 稲毛店 at 08:16| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

デルフトブルーと私。

さ、今日も暑い。

快晴過ぎてなんかイライラする。


曇れ曇れ。



終われ夏。

早く。










石原です。




朝から食器をもくもくとやっております。

しこしこと。







そんな中、

たち吉の箱の下に居たんだ。





私のブルーが。









754_fullimage_royal%20delft%20logo_560x350.jpg
2809_fullimage_royal%20delft%20vaas%20tulpen_560x350.jpg

ROYAL DELFT WARE(ロイヤルデルフト)

De Porceleyne Fles

入荷。




こちら。




画像 051.jpg

2艘のヨット。



さわやか。さわやかだ。






画像 050.jpg


皆様はご存知か。


デルフトを。





勉強しましょう。



ROYAL DELFT WARE(ロイヤルデルフト)とは、

17世紀、磁器の原料となる土がないオランダの陶工たちは、デルフト近郊で産出する陶土を使い、東洋磁器に似せた独自の陶器「デルフト焼き」を完成させました。

330年の伝統を有する ポースレン・フレス社は、1876年に群青の“デルフト・ブルー”を完成させ、1903年にオランダ王室から「ロイヤル」の称号が与えられた古窯。

ロイヤルデルフトはオランダで17世紀から続く、現存する唯一の窯元です。

「デルフトブルー」と呼ばれる藍色の焼き物が、数世紀続く伝統的手法に基づいて、絵付けはすべて1点1点画工の予描きにより人の手を介して制作されている唯一の工房です。

現在でもロイヤルデルフトの陶器は、チューリップや木靴と共にオランダの国のシンボルとなっています。





そう。

オランダで鉄板ブランドがコチラ。




なかなか入荷しない珍しいタイプです。

洋食器コレクターは如何でしょうか。








その他ブランド洋食器買取大募集中!!!


個人的にはそこまで興味ないけど、単価高いから好きだマイセン【Meissen】。
正直イヤープレートは如何なものかロイヤルコペンハーゲン【Royalcopenhagen】。
最近すごく注目しているアラビア【Arabia】。
ジャスパーくん来てるからウェッジウッド【Wedgwood】も。
何故か千葉店によく集まるバカラ【baccaratt】。
この間勉強したてニュンヘンブルグ【Nymphenburg】。
美浜区にユーザーはいるのか?フィチェンロイター【Hutschenreuther】
ロイヤルドルトン 【Royaldoulton】はフィギュリンの方が募集。
ミントン【minton】も好き。入荷してます何気に。
いよいよ深みに進むのか、ノリタケ・オールドノリタケ【Noritake/Old Noritake】
忘れてはならない、アビランド/リモージュ【Haviland/Limoges】
アウガルテン【Augarten】も只今勉強中。
ヘレンド【Herend】は個人的にも好き。







などなど、

買取大募集中。

あとFire-King【ファイヤーキング】。
千葉店に箱入りのアンカーマグ入荷してる。


稲毛店も欲しい。

すごく。



まずは査定だけでも。無料ですので。











リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

リサラーソンも相変わらず買取大募集中!







愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub









今日はさらっとで。



いしはら




posted by 愛品館 稲毛店 at 14:25| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

水屋、逆に新しき世界。

何かとバタバタしております。

月末間近にて。





画像 049.jpg

加藤スタッフは2段ベッドの連入荷で組立ばかりしている。


2段ベッドお探しの方は今がチャンス。









が、

今日はそんな話ではない。













石原です。






水屋タンスが入荷している次第。





画像 048.jpg

このタイプとか、




画像 047.jpg

このタイプとか、




画像 046.jpg

このタイプも。






では、

古いだけではない、古き良き日本の家具【水屋】に関して今日は勉強してみましょう。






水屋とは、さまざまな説がありますが、茶の湯において、茶人がお客さまをもてなすための準備をする部屋のことです。

水屋には茶道具や茶葉を収納するための家具や、お湯を沸かすための炉が置かれていました。
そして、江戸時代になると台所(水廻り)においてある家具を「水屋家具」と呼ぶようになったと言われています。

水屋家具を代表するものに水屋箪笥があります。
水屋箪笥の特徴は、日本人の昔ながらの暮らし方や風土に根ざした、日本人のための最も機能的な収納システムであることです。

水屋箪笥は上段、下段の二つから成っており横に並べて置くことができ、ローボードとしても使うことができます。
食器や大きな鍋といった調理器具はもちろん米や乾物、煮物といった料理などがすべて納まるように設計されています。
冷蔵庫といった家電製品がなかった時代ですので、湿気を逃がし、風通りがよくなるように、中段の扉には金網を張ったり、棚をスノコ状にしたものが多いようです。

時代は流れ、家電製品が普及しはじめるとともに、水屋箪笥は日本人の暮らしの中から姿を見かけなくなります。日本人の生活様式が変わってしまったことが原因です。

近年、昔ながらの日本人の暮らし方が見直されてきています。
それは「だんらん」のある暮らしです。
かつて日本人があたりまえのように感じていた暮らしの楽しさを、現代の日本人の生活様式に根ざした機能的な家具【水屋箪笥】

世代を超えて、家族の成長を見守る家具です。





との事。







和室が当たり前じゃなくなってきた現代において、畳や和室に回帰する人が増えているようですね。

長火鉢や上り畳など、折角の和室を素敵にしてみては如何か。



岩谷堂・鎌倉彫家具の買取もお待ちしております。













それより、





リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

ファイヤーキング買取大募集店舗、稲毛店。



WEDGWOODも相変わらず買取大募集中!

マイセン・ロイヤルコペンハーゲン・ジノリ・イッタラ・フランツコレクション・ロールストランド・アラビア等のブランド食器も買取大募集中!!






正直、家具より雑貨募集なのは内緒。



















愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub









うちにも和室がある。

真ん中に、将棋盤が置いてあるだけの部屋。







いつやるのか将棋。




いしはら






posted by 愛品館 稲毛店 at 18:19| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。