2012年08月18日

隣の芝生、私の芝生。

店休日の木曜、庭の草むしりをしていたら、



隣の奥さんが、
『あれ?金曜日お休みでしょ?』と言っていた。








こわっ!






…何で知ってんの?


隣の隣の奥さんも、斜向かいのじいさんも、ちょっと物音がするだけですぐに出てくる。

見られている感がすさまじい。







何卒、宜しくお願い致します。








石原です。






暇なのか。

刺激に飢えているのか。

そんなに暇なら、うちの庭の手入れもしてくれたら良い。








そう、新居の芝生の管理、やばい。









皆様は、お庭に『芝生』があるだろうか。



うちの庭には芝生が、ある。

家を借りる際、オーナーより「芝の手入れだけはお願いします。」との事。




めんどくさい通り越してイライラするも、基本人前では猫かぶりなので、一応やる事に。








が、


私は知らなかった。



芝生メンテナンスのめんどくささは絶する。


想像を。







芝生の手入れの基本は芝刈り、水やり、除草の3つ。

芝生は、日当たりや排水などの環境の他に普段の手入れがとても重要。

芝生の手入れはそれほど難しくはありません。
DIYで十分楽しめる芝生は、素人でも出来る簡単な手入れで十分可能です。

ただし芝生の手入れをさぼるとすぐに雑草が伸びてきたり、芝生がはげたりしてきますのでコツコツと続ける必要があります。

芝生の手入れの基本は芝刈り、水やり、除草の3つ。
この3つをしっかりすると、鮮やかなグリーン絨毯の芝生の庭が出来上がります。

芝生の手入れの頻度や方法などは、芝生が生えている環境、芝生の生育時期によって異なりますので、状況・気候などにあわせて手入れをするようにしましょう。
さらに病気や害虫についての知識も、芝生にトラブルが起こった時にも必要になります。





らしい。




知り合いの庭師に相談したところ、

芝生は、

・ほっとくと死ぬ
・雑草が生えると死ぬ
・日が当たらないと死ぬ
・水をやりすぎても死ぬ
・霜が降りたら死ぬ
・その他病気や害虫などで死ぬ。

総括、すぐ死ぬ


前面張替えは20万ほどかかるらしい。







…やるしかない。



そして、

頑張っているところをご近所さんにアピールしなくては。








さっそく千葉店で芝刈り機を購入。

しかし延長コードを買い忘れ使えず。





イライラは募るばかり。






あぁ、こうやって人は壊れていくのか。

死ぬのは私が先か。

芝生が先か。









もうダスキンに頼んだ方が良いのか。
















さ、

愚痴ってばかりいないで、入荷商品のご案内を。









画像 642.jpg

SINGER 足踏みミシン ロータス柄

アンティークミシンの中でも群抜きの人気のシンガー。

インテリアにも素敵です。

ミシンが収納できますのでオシャレテーブルとしてもお使い頂けます。






ミシン製造会社 シンガー
シンガー社はミシン専門の製造会社として1851年にI.M. Singer & Co. として創業を開始しました。

091208_04.jpg

その後改名が続き1865年に Singer Manufacturing Company に改称、1963年に The Singer Company に改称し、現在のシンガー社ができました。
シンガー社は戦時中になるとアメリカ政府と兵器の製造、一部開発の契約を結び拳銃や爆撃照準器の製造も行いました。
その後戦争が終わると多角化を目指し、計算機等の精密機器も開発し、これが後の精密電子ミシン製造のきっかけともなります。
元々ニューヨークから発足し、製造も全てニューヨークで行っていましたが、現在は本拠地をナッシュビル近郊のラ・バーグへと移しました。






現在でもネットなどでは人気のシンガー。

お探しの方は如何だろうか。









リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

リヤドロも相変わらず買取大募集中!





愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub













こーゆーの持ってたら、奥様達のハートも鷲づかみか。



しかしながら、

私は『都内の隣にどんな人が住んでいるのかも知らないし興味ない。』みたいな感じの方が好きだ。





私は人が嫌いだから。







いしはら





posted by 愛品館 稲毛店 at 08:14| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。