2012年09月08日

そして虹がかかったよ

松島スタッフが外回り中に虹を見たらしい。





DSC_0006.jpg



きれー。








そんな中、私は、ずっと食器っていた。





石原です。





洋食器盛り沢山。



ご案内していきましょう。










048.JPG

Lindner(リンドナー) Jade(ジェイド)ティーセット

カップ&ソーサー5客・ポット・シュガー&クリーマー・プレートなどもろもろセットです。

すごくお得な金額にて販売中。









ちなみに、




lin01.jpg

ドイツ南東部バイエルンのリンドナーは手作りの磁器窯。

ロココ調の凝ったレリーフが全面にあしらわれた手間のかかるフォルムにその特徴がよく現れています。
ハンドメイドにこだわる工房だからこそ可能な多様なアイテムのラインアップも魅力です。
テーブルウエアはもとより燭台、時計、花器、陶板など幅広い制作活動に今も取り組んでおり、
またシンブル(指貫)の世界ではたいへん有名なブランドです。

【ジェイドシリーズ】
渋いモスグリーンの単彩による小花散らしはその色合いがたいへん新鮮です。
全体的に落ち着いたイメージですが意外と若い方に人気があります。
ほかにありそうでないところがマイカップとしての愛着を強めます。
ウェスティンホテル大阪のロビーラウンジのプレミアムコーヒーはリンドナーでサービスされます。


との事。











Limoges(リモージュ)
CASTELシリーズ各種入荷。


055.JPG

印象派の巨匠、オーギュスト・ルノワールが生まれた地でもあるリモージュ。
約200年の歴史を持つフランスの代表的陶磁器リモージュ焼は、流麗な模様を施した高級な白磁器です。
仲睦まじく描かれている男女は、ポンパドゥール夫人とルイ15世だと言われています。
リモージュブルーと呼ばれる神秘的なコバルトブルーと金(22K)のコントラストがとても美しいです。

インテリアのアクセントに、アクセサリートレイにいかがでしょうか?



banner_w700_h394_limoges.jpg

リモージュ はフランス中部、パリの南にあるヨーロッパ有数の磁器の街として有名な古都です。
豊かなバラ色の裸婦を描くことで有名なルノアールの出身地でもあり、少年時代、リモージュ焼きの陶房で、絵付けの仕事にたずさわったこともあるそうです。

1771年に最初の磁器工場が創窯されてはいるが、セーブルに買収されて白磁をセーブルに提供する下請けとなり、後に吸収されている。 
現在リモージュとして市場に出回っているのは19世紀に建てられた小さな窯の製品が殆どになる。

18世紀頃、磁器の主原料カオリンの鉱脈がこの地で発見されて以来、フランス王朝の華やかな宮廷生活を飾った磁器作りの都となりました。
アビランドは、1842年にフランスのリモージュ地方に創設されました。
創始者は『ダビッド・アビランド』。フランス、リモージュに陶磁器工場を創設してから165年以上。

アメリカ、リンカーン大統領のディナーセットを初めとし、現在に至るまで、フランスのエリゼ宮での晩餐会用としても、 名門ホテルリッツのプライベートレストランにも選ばれている、フランス屈指の名門ブランドです。



最近リモージュよく入荷致します。

お好きな方は如何でしょうか。















051.JPG

【INTERGLASS】 インターグラス

ルネッサンス初期ガラス工芸技術にも飛躍的な進歩が起こりました。
インターグラスは、ルネッサンス誕生の地フローレンスにあって、金や銀をふんだんに使ったルネッサンス初期フローレンス様式のガラスを今も脈々と創り続ける職人集団の工房です。

バリエーションも豊富で、家にあるだけでその場の空気が変わりそう。
そんな独特の雰囲気をかもし出す作品です。






と、いろいろ入荷しております。







個人的には北欧系が欲しい。

ARABIA((アラビア)とかSusie Cooper(スージークーパー)、リサ・ラーソンとか。

お持ちの方は是非お売り頂ければ幸いでございます。
























リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。


にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

とにかくFire−king(ファイヤーキング)買取大募集中!














愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub


美浜区・稲毛区、無料の出張買取・見積お伺い致します!

・おっきくて持込みできない家具
・押し入れから沢山出てきた食器やギフト品
・引っ越しの際の荷物整理の際の不用品
・買替の家電品

などなど、まずはご相談下さいませ!













江戸川店にリサラーソン入荷との事。

http://www.aihin.co.jp/edogawa.php
江戸川店にはコチラから↑





いーなー。




いしはら




posted by 愛品館 稲毛店 at 08:15| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

奥様へ

なんやかんや忙しくしております。

月初だから。



まだまだ暑い日が続きます。

この時期は食中毒に注意ですよ。



チョイ古な物は食べないようにしましょう。




今日ロッカーに3日前のおにぎりが入っていた。

「梅だからイケる」と思いつつも、やめときました。




賢明な判断だったと認識。







石原です。











朝から利根川スタッフがやいやい騒いでいる。



kipling(キプリング)入荷との事。





皆様はご存知か。



images.jpg

キプリングを。



ベルギーはアントワープ初のカジュアルバッグブランド。

機能的なソフトナイロンのバッグを中心に展開。

ブランド名は「ジャングルブック」の作者、ジョセフ・ラドヤード・キプリングより。

イメージキャラクターとしてブギー・モンキーをシンボルにしており、キプリング全てのバッグにモンキーのマスコットがついている。

マスコットは色により全て名前、表情が異なる。






入荷がコチラ↓


画像 069.jpg

ほぼ未使用との事。


ほぼ未使用って、使ったの?使ってないの?







画像 070.jpg

トネ氏曰く、『↑このサルが付いていないキプリングは無価値』との事。





最近、ババァの奥様たちの間でひたすら流行っているらしい。



「そんなことないだろう。」と思った矢先、店内にてキプリング後利用の…奥様を見て衝撃を受ける。







キプリング、買取募集中。












奥様人気でもう一品。





画像 067.jpg

広島のパッチワーク専門店HouseOfBess(ハウスオブベス)
ベスオリジナル「フープスタンド」入荷。



パッチワークやハワイアンキルトを縫うときに便利のようです。




画像 068.jpg


このような物も取り扱っております(たまに)
















リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

とにかくFire−king買取大募集中!














愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub








稲毛店は奥様達のご来店が非常に多い。

皆様、いつもありがとうございます。





いしはら









ちなみに、


HONDA 発電機 EU9iGB 

img1.jpg

買取募集中。




千葉店によく入荷している。

稲毛店でも買取致します。







いしはら






posted by 愛品館 稲毛店 at 20:26| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

私のブルームーン

太陽は消えて、草木も枯れ果てて、暗闇が私たちを包む。

喜びも、悲しみもない。




それが混沌。




そこには生も死もない。

ローンも腰痛もない。

犬に家を壊されることも、洗濯している間中、隣の家からそーっと見られていることもない。

捨てれなかったゴミが何か臭いだすこともない。







…わりかし悪くない混沌。






呼びかけでこーゆーのを言う夢を見た。



疲れているのかな。


心が。
















それより、


ついに【岳】最終巻。


images.jpg

終わってしまった岳。

これから何を楽しみに生きれば良いの。

もう私に『よく頑張った!』と言ってくれる人は居ない。







さよなら三歩さん。











私も、秋休みとって穂高に会いに行くか。









石原です。













月頭から自由過ぎたので、今日はちゃんと入荷案内もしておきましょう。










人気のエルゴ入荷しております。

最近、トネがやたらエルゴエルゴ言っててほんと煩わしい。

そんな副店長おすすめ商品、紐解いていきましょう。



画像 025.jpg


Ergobaby(エルゴベビー)ベビーキャリア

エルゴベビー・ベビーキャリアは4通りの抱き方で使える、本当に楽で使いやすいベビーキャリア(抱っこ紐・おんぶ紐)です。

新生児(体重3.2〜)からはインファントインサートと併せて対面抱きで使えます。
首がすわって(5.5キロぐらい)から20キロまではベビーキャリア単体でお使いできます。

エルゴおんぶひも(エルゴベビー・ベビーキャリア)はエルゴノミック(人間工学)デザインで、赤ちゃんの快適さとおんぶする人の楽さを考えて設計された優れた商品です。

赤ちゃんはエルゴおんぶひも(エルゴベビー・ベビーキャリア)の中でお座りする自然な体勢を保ってるので、赤ちゃん自身の体重はヒップと太ももに分散されて、股や背骨にかかる軽減されます。

おんぶするママやパパは、赤ちゃんを肩と腰で支えるのでとても楽です。

前でバッテンにならないので、ママはお出かけの時は恥ずかしくありません。
普通のリュックサックのようなのでパパが使っても、かっこいい! 今では日本でも大人気のエルゴベビーのおんぶひもは、ハワイ在住のママ(カリンフロストさん)が自ら考え、設計したベビーキャリアです。



こんな方にエルゴベビーがおすすめです↓

赤ちゃんがいつも泣いているので、ゆっくり家事ができないママ。(特に夕食の支度のときに泣く…)
 
・平均のママやパパより体格が大きいので、あう抱っこ紐がなかなか見つからない。
 
・従来の抱っこ紐やおんぶひもだと、赤ちゃんのお股や背骨に負担がかかりすぎではないかと心配。
 
・赤ちゃんが従来の抱っこ紐では重たすぎる・大きすぎる。
 
・おんぶ紐をいろいろ試してみたけど、まだいいおんぶひもに出会ってない。





との事。





お試しあれ。











MACLAREN(マクラーレン)各種入荷中。


画像 024.jpg

マクラーレン Volo(ヴォロー)

涼しいメッシュシート採用ハンドルが高く、押しやすい

高温多湿の日本の気候にマッチしたフルメッシュシートを採用。
専用のモスキートネットも標準装備で、外出にも便利です。
頑丈なフルアルミ合金フレームの安心構造で、ハンドルが高く押しやすさは抜群。
4.7kgの軽さで持ち運びもラクです。












画像 022.jpg

マクラーレン トライアンフ(2012モデル)

ベビーもママも疲れ知らずの安定感段差の乗り越えもスムーズな操作性

愛用者の多いトライアンフ。
ハンドル位置が高く設定されていて、身長の高い方や男性も姿勢がラクラクです。
レンガ道などでの押しやすさは抜群。
リクライニング機能で赤ちゃんも心地よく安心です。












画像 023.jpg

The First Years ザファーストイヤーズ Indigo Stroller Spiro Navy & Gray インディゴ スピロ

あちらさんで人気のインディゴ入荷。

わりかし良いみたいですね。




















リサイクルショップのブログランキング参加中。
↓クリックお願い致します。

にほんブログ村 その他生活ブログ リサイクルショップへ
にほんブログ村

とにかくFire−king買取大募集中!











愛品HP↓
http://www.aihin.co.jp/

愛品ヤフオクショップ↓
http://storeuser1.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/aihinclub














画像 021.jpg

昨夜は【ブルームーン】だったらしい。

犬の散歩中に確認してみるも、予想以上にフツーだった。

青くないので調べてみた。






【ブルー・ムーン】という言葉にはもともと様々な意味がありましたが、1980年1月以降『その月2回目の満月』を指して呼ぶのが一般的になりました。

英語でブルー・ムーンといえば、『極めてまれに』という意味の "once in a blue moon" という熟語がよく知られますが、この言葉の起源が『その月2回目の満月』が珍しいことであるという説明は間違いで、こちらはもっと古い言葉です。

【ブルー・ムーン】という言葉は400年以上も前から使われていましたが、16世紀頃は「非常にばかげたこと」という意味で『月はグリーン・チーズでできている』のように使われました。

この「ばかげている」という意味から、『月が青くなるなんてありえない』『決してない(never)』という意味が生まれます。

また大気中の塵の影響で月が本当に青く見えることがあり、これもブルー・ムーンと呼ばれました。
例えば1883年のインドネシアのクラカタウ火山の爆発は、その後約2年間、日没を緑に月を青に変えたといいます。
このように、かなり稀でいつ起こるか分からないものの月が青く見えることがあるとわかり、9世紀半ばに "once in a blue moon" (めったにない)という熟語が生まれました。


ですって。



めったにないって意味なんですね!



















散歩中、お月様はずっと私についてくる。




おそらく、気があるのだろう。







今夜辺り、打ってやるか。






いしはら





posted by 愛品館 稲毛店 at 07:58| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。